支持率の高いウィッグ

店内でバッグを持つ女性

ウィッグは古くは貴族の男性が使用していたイメージがありますが、日本では醍醐天皇の時代から、高貴な位にある女性が美しいカツラを使用して白髪や薄毛を隠していたいという歴史があります。その後、薄毛対策としての男性用かつらが1920年代から普及し始め、女性用も枝分かれして作られるようになりました。ウィッグ製作の技術が上がり、人毛だけではなく、化学繊維を使用したリアリティのあるウィッグが作られるようになったことから、おしゃれ用の安価な商品が次々に発表され、若い女性のファッションアイテムとして使用されることも多くなりました。前髪や一部、フルタイプのものまで短時間でヘアセットできるため手軽に美を楽しむことができます。

ウィッグは薄毛対策用のものとおしゃれを楽しむものと2つの用途に分類されます。抗がん剤治療などで髪が抜けてしまったり、高齢になって薄毛を隠したい方が使われるイメージが大きかったウィッグですが、最近では手軽に髪のオシャレを楽しむことができるとして若い世代の女性にも注目されているアイテムとなっています。市場規模では男性用のものが多く普及していますが、今後は若い女性やアンチエイジングに敏感な世代の女性を中心に、さらにニーズが高まっていくでしょう。この動向にあわせて、ウィッグもリーズナブルなものが次々普及し、普段使い用のものや、パーティ用のアレンジウィッグなども販売されています。お手入れも簡単なので、これからますます重宝するアイテムとなっていくでしょう。